血液検査の結果にTGという値がありますがこれはい

血液検査の結果にTGという値がありますが、これは、いわゆる中性脂肪という物質の値です。

30から149mg/d l を基準値の範囲としています。

体のエネルギー源として中性脂肪は必要不可欠な物質で、足りないと体を動かす元気が出ませんが、過剰に摂取した中性脂肪がどうなるかというと、要らない内臓脂肪となって体に残ります。

適量の中性脂肪を摂る食生活の習慣が、健康的な体を作ります。

健康な血液をドロドロに変えてしまう原因として挙げられているのが中性脂肪が高いことですが、解消したいと思うなら水を飲む量を増やすだけという方法は不正解だと言えます。

中性脂肪の数値を下げ、サラサラ血液にするためには水分が大切なのも確かです。

ですが、それより重要なことは脂や甘い物の摂りすぎ、脂質と糖質の摂取量を減らして、さらに運動習慣を作るなどをした方が効果が期待できます。

血液検査で診断を受ける中性脂肪と血糖値は常に結びついています。

血糖値が高いと血中の糖が脂肪細胞によって取り込まれそれが中性脂肪に変わるのです。

血糖値が高いことは、つまり中性脂肪も高いということです。

中性脂肪が蓄積されることで、脂肪細胞も肥大になり、ある物質が肥大した脂肪細胞から出されることで、血液中の糖をインスリンによって筋肉などの細胞に取り込もうとしてもダメなのです。

言い換えるなら、たとえ中性脂肪が高い場合でも、血糖値は上昇します。

歳をとるにつれ中性脂肪が気がかりになってきました。

健康診断を受けたところ、コレステロールに要注意とのことでした。

私は麺類に目がないため、うどんやそうめんをよく食べるのですが、中性脂肪が気になるのなら、そばの方がいいそうです。

そばを食べることによって、脂質をコントロールする効果が期待できるそうなのです。

そばのカロリーは低いものですが栄養価はとても高いそうです。

これからは食生活にそばを取り入れる回数を増やしていこうと思います。

日々の生活の中で、食事は重要な働きをもっています。

特に、中年を過ぎるころになると、自然と、中性脂肪が溜まりがちになります。

それには、中性脂肪を増やす食品を摂取するのを控えていくことが重要です。

では、中性脂肪を増やしてしまう食品というのはどんな食品があるのでしょうか。

ご想像がつく方もいらっしゃるでしょうが、それは動物性脂肪分が多い食品、肉の脂身やアイスクリームなどです。

また、砂糖類や、コレステロールが高い鶏卵などもなるべく摂取しないように心がけましょう。

筋肉をつけるということは、基礎代謝を上げるということですが、それはつまり効果的に、中性脂肪を燃やすことができるのです。

中性脂肪というのは、消費されなかったエネルギーを元にして作成されているのです。

なので、沢山エネルギーを消費さえすれば、それだけ余分に蓄えられた分の燃焼が進むということです。

蓄えられた脂肪を燃やして、痩せるためには、とりあえず運動をして、まずは筋肉を増やすことから始めてみてはいかがでしょうか。

一般的に、食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎや運動不足が主な原因となり、中性脂肪の値が高くなるのです。

そして、揚げ物などを口にすることも結果として、中性脂肪を高める原因の一つになります。

女の人は主婦や高齢になっていくと、子供が食べ残したものなどを見てもったいないという気持ちがわき過食になってしまうことがよくあります。

特に体を動かすことを嫌がったりする人は運動が不足することになってしまうので、中性脂肪が高くなってしまうことが多いでしょう。

喫煙により内臓脂肪を増加させる作用のコルチゾールがたくさんになってしまいます。

中性脂肪で内臓脂肪のほとんどをしめていますので、喫煙は、中性脂肪を増加させることになります。

中性脂肪を低下させようと思うのであれば禁煙しなければならず、近年、中性脂肪の低下だけではなく様々な健康を良くするために大事にしないといけないことになります。

最近は健康に気をつける人も増えてきましたが、数値としてはっきり出てしまうと、気になるものですよね。

中性脂肪が特別気になるという人はストレスとのつながりを考えてみたことはありますか。

一般的に中性脂肪は、食事が原因であるように思われていますが、ストレスの影響も無視できません。

ストレスを受けることによって、交感神経と副交感神経という自律神経の調和がとれなくなると、脂肪酸という血液に含まれる成分が、肝臓で中性脂肪になってしまうのです。

新陳代謝が次第に低下する中年からは注意しないといけません。

中性脂肪を落とす方法ですが、基準値が50から149ですので、これより高くなると将来的に様々な病気を誘発してしまうかもしれませんので、第一に代謝を上げることを目標に1日30分以上歩くこと、少なくとも週に2から3日は歩くようにして、炭水化物はできるだけ控え、さばやあじのような青魚を中心とした献立にするのと、前菜という通り野菜を始めに食べるこうするなら中性脂肪の値を下げることができます。

防風通聖散 効果